未成年のキャッシング利用時は保証人が必要になる

キャッシングは18歳以上であれば利用する事ができますので、未成年でも場合によっては借りる事ができます。そこで覚えておいてほしいのが、未成年でキャッシングを利用する場合は、保証人が必要になってきます。もし保証人がいなければ利用する事ができないです。

この保証人ですけど、親にするようにします。友達などに保証人になってもらうと金融業者も少し不安になってしまう事があり審査に通らない可能性がありますし、もし返済できなければ友達に迷惑をかけてしまって友達との関係が悪くなってしまうおそれがありますのでなるべく親または親族にしておくのが理想です。
キャッシング 借りる際の注意点ですね。

また、保証人の人に書類に名前を書いてもらったり印鑑を押してもらう作業もありますので、勝手に保証人を選ぶのではなくて保証人になってもらう人の承諾を必ずもらう事が必要になってきます。
このようにキャッシングは未成年でも利用できますけど、保証人が必ず必要である事を覚えておきます。

この記事は未分類に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。